プロフィール
市岡 徹也。1974年愛知県出身。大阪あべの 辻調理師専門学校卒業。
トゥールダルジャン 東京』にてドミニク・コルビシェフのもとモダンフレンチとクラシックフレンチを学ぶ。
2000年渡仏。バスク、リヨン、ブルターニュなどフランス各地を廻り、地方料理を学ぶ。ジュラ地方アルボア/ミシュラン2つ星のジャン−ポール・ジュネ氏とロミュアルド・ファスネ(現Chateau mont Joly/オーナーシェフ)との出会いは大きく、その後の料理人人生に多大なる影響を受ける。
帰国後、2005年オープン銀座『Le 6ème sens』にて、シェフ・パティシエとしてレストランデザートを担当し、料理の表現の幅を広げる。
2008年、再度渡仏。ブルゴーニュ地方/サンス 『レストラン La Madelaine』(当時ミシュラン2つ星)のパトリック・ゴーチエが展開した『フランコジャポネ・MIYABI』のシェフとしてオープンから5年半勤務。
2014年、帰国後ドミニク・コルビ(現メゾン・ド・ミナミのもと『フレンチ割烹ドミニク・コルビ』の立ち上げに携わり、魚・肉部門シェフとして勤務。
2017年、独立 レストラン Ma Poule開業